合唱ライブラリー

  • おすすめ
  • 発売日
  • 高い順
  • 安い順

176~200件を表示/全490

本間雅夫:無伴奏女声・児童合唱作品集「日本の響き 1」
  • 立ち読みする
本間雅夫:無伴奏女声・児童合唱作品集「日本の響き 1」

定価:1,760円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

在庫なし
小林秀雄:女声合唱とピアノのための組曲「夢二 幻想」
  • 立ち読みする
小林秀雄:女声合唱とピアノのための組曲「夢二 幻想」
1992年12月、長崎女声合唱団の委嘱により作曲・初演。大正ロマンの象徴的画家であった竹久夢二の愛の生涯をテーマに作曲されました。

定価:2,200円(税込) 本体:2,000円

ポイント:100pt

湯浅譲二:アタランス
  • 立ち読みする
湯浅譲二:アタランス
第2回民音現代音楽祭の委嘱・初演になる作品で、発音や発声自体が持つ音楽との関わりが追求された作品です。12人のソリストと混声合唱による編成で、高度な声楽的テクニックが要求されています。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

三善 晃:無伴奏混声四部合唱曲「おてわんみそのうた」
  • 立ち読みする
三善 晃:無伴奏混声四部合唱曲「おてわんみそのうた」
おてんば、わくぱく、みそっかすを、それぞれ省略してくっつけ、「おてわんみそ」としました。

定価:1,320円(税込) 本体:1,200円

ポイント:60pt

在庫なし
柴田南雄:冬の歌
  • 立ち読みする
柴田南雄:冬の歌
新実南吉の詩集「墓碑銘」から5編。柴田南雄のしっかりとした構築力ゆえに,無伴奏が叶い,また映える作品となっている。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

  • 立ち読みする
中島はる:男声合唱曲/萬葉・酒の歌「酒を讃える萬葉の歌」/男声合唱曲「旅-山頭火-」
峯陽訳・詞「現在訳(いまやく)萬葉集」大伴旅人短歌抄4首を雅な響きで、その間に新作の詞を明るく威勢の良いハーモニーではさみ、男声ならではの酒を賛美した1曲と、種田山頭火の詩と句に付けた1曲です。

定価:1,540円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

三善 晃:レクィエム(1台または2台ピアノ用リダクション)
  • 立ち読みする
三善 晃:レクィエム(1台または2台ピアノ用リダクション)
1972年、日本プロ合唱団連合委嘱作品《レクィエム》の1台または2台ピアノ・リダクション版。

定価:3,520円(税込) 本体:3,200円

ポイント:160pt

在庫なし
林 光:女声合唱とピアノのための 天使のせいぞろい
  • 立ち読みする
林 光:女声合唱とピアノのための 天使のせいぞろい
谷川俊太郎『クレーの天使』(講談社)から作曲者が任意に選んだ詩をテキストにして作曲。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

在庫なし
  • 立ち読みする
間宮芳生:北国の二つの歌
二つの楽章からなるこの曲は、第1章は青森県民謡「ナオハイ節」。第2章は岩手県民謡「米搗唄」を素材にしています。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

  • 立ち読みする
西村 朗:無伴奏混声合唱組曲 蝶を夢む
西村朗が愛する中原中也、萩原朔太郎、大手拓次の三詩人の心の世界を「蝶」を共通のモチーフとし、作曲された無伴奏混声合唱組曲です。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

在庫なし
宮川彬良:児童(女声)合唱組曲 きのう・きょう・あした
  • 立ち読みする
宮川彬良:児童(女声)合唱組曲 きのう・きょう・あした
歌うと元気がわいてくるハート・ウォーミングな歌は、児童のみならずお母さんコーラスにもお薦めです。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

上田真樹:混声合唱とピアノのための組曲 「夢の意味」
  • 立ち読みする
上田真樹:混声合唱とピアノのための組曲 「夢の意味」
2007年2月26日、東京混声合唱団委嘱初演。東京混声合唱団が新進気鋭の作曲家に「22世紀への贈り物」というテーマで委嘱。

定価:1,760円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

上田 益:女声(児童)合唱のための 三陸鉄道(さんてつ)が行く~小さな村の物語~
  • 立ち読みする
上田 益:女声(児童)合唱のための 三陸鉄道(さんてつ)が行く~小さな村の物語~
自然災害や戦災で傷ついた地域を中心に、全国に広がる「レクイエム・プロジェクト」から生まれた「三陸鉄道が行く」は、多くの人に親しんで歌って欲しいという願いの込められた、新しい唱歌や童謡のような雰囲気...

定価:1,870円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

新実徳英:混声合唱組曲「滄海よ うたって」人間魚雷 回天
  • 立ち読みする
新実徳英:混声合唱組曲「滄海よ うたって」人間魚雷 回天
太平洋戦争の末期、人間魚雷「回天」で敵船に突撃し、太平洋の藻屑と散った青年たちの哀愁をドラマチックに描いた作品です。

定価:1,870円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

三善 晃:童声(女声)合唱とオーケストラのための 響紋
  • 立ち読みする
三善 晃:童声(女声)合唱とオーケストラのための 響紋
1984年、民主音楽協会の委嘱作品《響紋》の1台または2台ピアノ・リダクション版。

定価:2,200円(税込) 本体:2,000円

ポイント:100pt

林 光:「黒い歌」混声合唱のために
  • 立ち読みする
林 光:「黒い歌」混声合唱のために
ヴォカリーズをもちいて、合唱のための一種の〈交響曲〉として構想されたものです。東京混声合唱団委嘱、1964年初演(指揮=岩城宏之)。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

朝岡 真木子:女声合唱とピアノのための組曲「妖精模様」
  • 立ち読みする
朝岡 真木子:女声合唱とピアノのための組曲「妖精模様」
妖精の住みにくい時代に生れた愛らしい妖精を生き生きと描き、妖精に託された夢と希望を軽やかに歌い上げた合唱曲です。

定価:1,760円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

柴田南雄:宇宙について
  • 立ち読みする
柴田南雄:宇宙について
大人数の合唱団を要し、全7章からなるこの作品は、西洋中世初期多声音楽のさまざまなスタイルから12音音楽風なものまで、いろいろな書法で書かれており、単独の章だけでは上演できない大がかりな作品です。

定価:1,980円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

鈴木輝昭:恋歌秘抄
  • 立ち読みする
鈴木輝昭:恋歌秘抄
せつなく、また激しく恋する気持ちがきめ細かく音にたくされています。各声部に紡がれていく音は、雅やかな響きの中にも荒波のような激しい恋の気持ちがドラマティックに表現されています。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

青島広志:女声合唱のための「マザー・グースのうた」2
  • 立ち読みする
青島広志:女声合唱のための「マザー・グースのうた」2
1・2巻とも谷川 俊太郎の訳詞は独特の言葉遊び的要素で彩られ、原詞とは異なるニュアンスが楽しめるオリジナリティーに溢れています。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

柴田南雄:北越戯譜
  • 立ち読みする
柴田南雄:北越戯譜
北越の盆踊りうた「大の阪」を中心にしていろいろなわらべうたを演技しながら歌います。日本の素朴なうたと遊びが新しい感覚と演出によって甦える、児童合唱用シアターピースです。1975年ひばり児童合唱団委嘱初演。

定価:880円(税込) 本体:800円

ポイント:40pt

湯浅譲二:芭蕉の俳句によるプロジェクション
  • 立ち読みする
湯浅譲二:芭蕉の俳句によるプロジェクション
オーケストラ曲、箏歌、それにこの合唱曲が芭蕉をテーマにした3部作となっており、芭蕉のワビ、サビとともに、鋭い厳しさを表出する意欲作です。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

林 光:「いつも風 流れる川」女声合唱とピアノのために
  • 立ち読みする
林 光:「いつも風 流れる川」女声合唱とピアノのために
詩人・宗左近が百人一首に触発されて書いた詩の中から五篇を選び作曲しました。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

176~200件を表示/全490

トップへもどる