*検索方法については、こちらをご覧ください。

*検索方法については、こちらをご覧ください。

  • おすすめ
  • 発売日
  • 高い順
  • 安い順

451~456件を表示/全456

祈りは響く 京都・奈良を巡る音楽エッセイ
“何よりもぼくは、全編を流れる眞摯な祈りの感情に打たれた。これは一つの祈りの書である“(本書「保延裕史さんのこと」より)音楽評論家・指揮者 宇野功芳氏

定価:1,728円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

エッセイ 各駅停車の音楽人/北村智恵
「子どもの眼の高さで歌おう」から三十余年。変わることなく、音楽を通して子供、障がい児・者、高齢者等、社会的弱者に寄り添う日々の中でかかれ、三十数年来、友人・知人に送り続けられている私通信〈ムジカ・...

定価:1,620円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

世界のオーケストラ(2) パン・ヨーロピアン、ロシア編 上巻
英、露、パン・ヨーロピアン各国の主要楽団約 680 から 120 団体を精選。それらの理解に不可欠な“二度の世界大戦とクラシカル音楽文化芸術の対峙の変遷”を視座に、国家の沿革史と並行しながら今日的発展を迎えた...

定価:2,160円(税込) 本体:2,000円

ポイント:100pt

世界のオーケストラ(2) パン・ヨーロピアン、ロシア編 下巻
綿密な取材と豊富な新旧資料を基に、英、露、パン・ヨーロピアン全域の主要約 680 楽団から 120 団体を精選。各楽団の精密な沿革史に加え、それを支える国家の生成・発展を“二度にわたる世界大戦、国家と演奏家の...

定価:2,160円(税込) 本体:2,000円

ポイント:100pt

エッセイ 専務理事の独りごと
(公社)日本演奏連盟専務理事の金山茂人さんが、折りにふれて日本の音楽界、演奏家、音楽状況について感じたことを綴ったエッセイ集。これを読めば今の日本の音楽界が分かる一冊!

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

ひとりでピアノが弾けた
ひとりでピアノが弾けた
一生自分で音楽を楽しめるよう子供たちの「音楽的自立」を目指す江口式レッスン。そのレッスン内容の豊富な広がりと根本にあるメッセージを知るのに最適の一冊です。

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

451~456件を表示/全456

トップへもどる