室内楽(弦楽)

  • おすすめ
  • 発売日
  • 高い順
  • 安い順

26~38件を表示/全38

G.マーラー:弦楽四重奏のための「アダージェット」
G.マーラー:弦楽四重奏のための「アダージェット」
原曲はG.マーラーの交響曲第5番の第4楽章に当る弦楽器とハープだけで奏でられる優しい叙情性あふれた曲である。有名なこの部分は独立して演奏もされ、様々な編曲も存在する。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

西村 朗:弦楽四重奏曲 第3番「エイヴィアン(鳥)」
西村 朗:弦楽四重奏曲 第3番「エイヴィアン(鳥)」
ルーアン(仏)の現代音楽祭{ノルマンディの10月」の委嘱により、アルディッティ弦楽四重奏団のために作曲、1997年10月の同音楽祭で初演されました。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

西村 朗:弦楽四重奏曲 第2番「光の波」
西村 朗:弦楽四重奏曲 第2番「光の波」
アルディッティ弦楽四重奏団とカザルスホールの委嘱で作られ、92年5月、同楽団同ホールで初演されました。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

在庫なし
新実徳英:弦楽四重奏曲
  • 立ち読みする
新実徳英:弦楽四重奏曲
「篠崎功子弦楽四重奏団」の中国演奏旅行のために作曲され、1994年に北京の中央音楽院礼堂で世界初演されました。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

千原英喜:弦楽のためのシンフォニア第1番《天地紋様》
千原英喜:弦楽のためのシンフォニア第1番《天地紋様》
2003年、シンフォニア・コレギウム・OSAKA委嘱作品。日本や東洋の民族性や宗教性を主なるテーマとし、合唱界で人気上昇中の千原英喜の弦楽作品。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

新実徳英:弦楽四重奏曲第3番-Spiritus
新実徳英:弦楽四重奏曲第3番-Spiritus
「呼吸」を意味するラテン語「spiritus」をタイトルに有する弦楽四重奏曲。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

芥川 也寸志:ヴァイオリンとオーケストラのための秋田地方の子守歌
  • 立ち読みする
芥川 也寸志:ヴァイオリンとオーケストラのための秋田地方の子守歌
芥川 也寸志の「秋田地方の子守歌」は、1977年にNHKのTV番組「音楽の広場」(芥川 也寸志と黒柳徹子が司会)のために作曲され、ヴァイオリンソロ徳永二男、尾高忠明指揮NHK交響楽団によって放送初演されました。

定価:1,650円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

鈴木鎮一:弦楽アンサンブルのためのワルツ二短調
鈴木鎮一:弦楽アンサンブルのためのワルツ二短調
才能教育、鈴木メソードの創始者である鈴木鎮一が、若くしてドイツ滞在中の1928年に書いた作品。往時の舞踏会を彷彿させる雰囲気のワルツです。

定価:1,540円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

薮田翔一:“Billow” for string quartet
薮田翔一:“Billow” for string quartet
将来を嘱望される若き作曲家、藪田翔一が2015年第70回ジュネーヴ国際音楽コンクール作曲部門で優勝した弦楽四重奏のための作品。

定価:1,540円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

西村 朗:「ヘテロフォニー」弦楽四重奏のための
1975年の作曲、度重なる再演毎に改訂を加えてきたが、1987年に最終的に改訂をした決定版です。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

池辺 晋一郎:ストラータX
池辺 晋一郎:ストラータX
「ストラータ(strata)」は「地層(stratum)」の複数形で、「音域」を発想の核に据えた室内楽曲シリーズの第10作目。

定価:1,430円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

佐藤聰明:独奏チェロと弦楽合奏のためのルイカ
佐藤聰明:独奏チェロと弦楽合奏のためのルイカ
チェロと弦楽合奏のための作品で、ポストミニマリズム的な名作です。

定価:1,100円(税込) 本体:1,000円

ポイント:50pt

在庫なし
久田典子:コンティニュアンス
  • 立ち読みする
久田典子:コンティニュアンス
1999年度「四人組とその仲間たち」委嘱作品。

定価:990円(税込) 本体:900円

ポイント:45pt

26~38件を表示/全38

トップへもどる