*検索方法については、こちらをご覧ください。

*検索方法については、こちらをご覧ください。

間宮芳生

  • おすすめ
  • 発売日
  • 高い順
  • 安い順

1~6件を表示/全6


間宮芳生:合唱のための「12のインベンション」
間宮芳生:合唱のための「12のインベンション」
混声合唱9、男声合唱2、女声合唱1曲からなるこの作品は、素材となっている日本民謡の味わいを最も尊重して書かれた合唱作品です。民謡の持つ土のにおいと生活の苦楽をおおらかに歌い上げています。

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

間宮芳生:北国の二つの歌
二つの楽章からなるこの曲は、第1章は青森県民謡「ナオハイ節」。第2章は岩手県民謡「米搗唄」を素材にしています。

定価:1,404円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

在庫なし
間宮芳生:鳥獣戯画
間宮芳生:鳥獣戯画
中世絵巻「鳥獣戯画」に描かれている動物たちに中世の人間の姿を連想し、さまざまな鳴き声の中に人の声を聞く思いがする…(作者前書き)。編成は、混声合唱に和楽器を中心とした打楽器群が加わります。

定価:1,080円(税込) 本体:1,000円

ポイント:50pt

間宮芳生:合唱のためのコンポジション 第16番
間宮芳生:合唱のためのコンポジション 第16番
2004年3月20日、東京混声合唱団委嘱初演。

定価:1,080円(税込) 本体:1,000円

ポイント:50pt

間宮芳生:合唱のためのコンポジション 第17番
間宮芳生:合唱のためのコンポジション 第17番
テキストは江戸後期の文人・菅江真澄が記録した約200年前にうたわれていた民謡の詞華集ひなのひとふしからと、みちのくの旅の記録の一部が使われています。本書は3つの楽章から成り、それぞれみちのくの地名がつ...

定価:1,296円(税込) 本体:1,200円

ポイント:60pt

間宮芳生:混声合唱のための「五つのピエタ」
間宮芳生:混声合唱のための「五つのピエタ」
日本の民衆が伝えてきた祭や祭の芸能は,祖先のもつかなしみやかずかずの怨念が祭そのものに形をかえて訴えかけている。〔曲目〕風と石の暦/火と草の賦/血の花/石の碑/北の墓。

定価:1,188円(税込) 本体:1,100円

ポイント:55pt

在庫なし

1~6件を表示/全6


トップへもどる