• おすすめ
  • 発売日
  • 高い順
  • 安い順

276~287件を表示/全287

上田 益:混声合唱組曲 生きとし、生けるものへ
  • 立ち読みする
上田 益:混声合唱組曲 生きとし、生けるものへ
2017年8月発売。地域や世代、時代をも越えて“平和”や“いのち”の尊さ、大切さを共に歌えるようにと願いを込めて作られた作品です。

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

面川倫一:混声合唱とピアノのための組曲 自戒
  • 立ち読みする
面川倫一:混声合唱とピアノのための組曲 自戒
2017年10月発売。第27回朝日作曲賞受賞。期待の若手作曲家・面川倫一による自身初の混声合唱とピアノのための組曲。

定価:1,620円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

コンドルは飛んで行く/つばめよ 混声三部/二部合唱
  • 立ち読みする
コンドルは飛んで行く/つばめよ 混声三部/二部合唱
2017年11月発売。作詞家、ケーナ奏者の八木倫明氏作詞による「コンドルは飛んで行く」の決定版!

定価:1,404円(税込) 本体:1,300円

ポイント:65pt

面川倫一:混声合唱とピアノのための組曲 サムのブルー
  • 立ち読みする
面川倫一:混声合唱とピアノのための組曲 サムのブルー
2017年11月発売。期待の若手作曲家による、大岡 信の詩をテキストにした3曲から成る組曲。

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

上田 益:混声合唱組曲 名もなきところへ
  • 立ち読みする
上田 益:混声合唱組曲 名もなきところへ
2017年12月発売。若い世代が抱えている、社会に出ることへの不安、自分の存在意義への問いかけや葛藤、“いのち”への思いを軸に前に進んでいこうとする決意や、旅立ちへの温かなまなざしを歌った作品です。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

安井恵一:混声合唱のための 鈴をつけた天使
  • 立ち読みする
安井恵一:混声合唱のための 鈴をつけた天使
2018年1月発売。新進気鋭の作曲家・安井恵一による初出版作品。パウル・クレーの描いた天使たちを主題にして書かれた谷川俊太郎の詩集『クレーの天使』より5篇を選び、作曲。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

上田真樹:月の夜[混声合唱]
  • 立ち読みする
上田真樹:月の夜[混声合唱]
2018年2月発売。本作品はバレエと合唱のための作品として作曲されましたが、合唱だけでも成立できるように作曲されています。

定価:2,052円(税込) 本体:1,900円

ポイント:95pt

大竹くみ:混声合唱とピアノのための ねがい
  • 立ち読みする
大竹くみ:混声合唱とピアノのための ねがい
2018年2月発売。詩は弁護士で詩人でもある西内 聖による書き下ろし。控えめな、しかし心の奥に直接届くような「ねがい」を感じながら作曲。

定価:1,188円(税込) 本体:1,100円

ポイント:55pt

千原英喜:混声合唱組曲 稲作挿話
  • 立ち読みする
千原英喜:混声合唱組曲 稲作挿話
2018年4月発売。宮沢賢治の農業への情熱を記した詩や手紙をテキストとした3曲から成る組曲。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

山中千佳子:混声合唱とピアノのための組曲 ことたまの祭祀
  • 立ち読みする
山中千佳子:混声合唱とピアノのための組曲 ことたまの祭祀
2018年6月発売。山、火、水、豊穣の四つの神をテーマにした壮大なスケールを持つ作品。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

面川倫一:混声合唱とピアノのためのソングス 昼の月
  • 立ち読みする
面川倫一:混声合唱とピアノのためのソングス 昼の月
2018年6月発売。詩人・辻 征夫の「昼の月」をテキストに、作曲家・面川倫一が付曲。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

ボニージャックス愛唱歌篇「ちいさい秋みつけた」(混声合唱)
  • 立ち読みする
ボニージャックス愛唱歌篇「ちいさい秋みつけた」(混声合唱)
アマチュアからプロまで誰もが幅広く親しみのある愛唱歌を合唱で楽しむためのシリーズ。

定価:540円(税込) 本体:500円

ポイント:25pt

276~287件を表示/全287

トップへもどる