*検索方法については、こちらをご覧ください。

*検索方法については、こちらをご覧ください。

  • おすすめ
  • 発売日
  • 高い順
  • 安い順

1~25件を表示/全282

鷹羽弘晃:混声合唱とピアノのための 尾形 亀之助の詩によるエチュードIII〈パストラル・ライン〉
  • 新刊
鷹羽弘晃:混声合唱とピアノのための 尾形 亀之助の詩によるエチュードIII〈パストラル・ライン〉
2018年10月発売。「尾形 亀之助の詩によるエチュードI・II」の続編。

定価:1,728円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

林 光:歩くうた
  • 新刊
林 光:歩くうた
2018年9月発売。林 光のソングから1979~2008年に作曲または混声合唱版に編曲された5曲を収載。

定価:1,620円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

林 光:混声合唱とピアノのための 四つの夕暮の歌
  • 新刊
林 光:混声合唱とピアノのための 四つの夕暮の歌
2018年9月発売。歌曲「四つの夕暮の歌」(1959年作曲)にもとづいて1970年に混声合唱版に編曲。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

林 光:混声合唱とピアノのための ひきわり麦抄
  • 新刊
林 光:混声合唱とピアノのための ひきわり麦抄
2018年9月発売。林 光の晩年の合唱作品。新川和江の詩を書くことについての詩というのが気に入り作曲。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

千原英喜:混声合唱とピアノのための キャッチボール/もうひとつのキャッチボール
  • 新刊
千原英喜:混声合唱とピアノのための キャッチボール/もうひとつのキャッチボール
2018年8月発売。「キャッチボール」はともに震災を経験した神戸と東北を歌のキャッチボールで結びたいとの思いで作曲され、「もうひとつのキャッチボール」は新しい未来を切り開いていく全ての人たちに向けたエー...

定価:1,620円(税込) 本体:1,500円

ポイント:75pt

在庫なし
山中千佳子:混声合唱とピアノのための組曲 ことたまの祭祀
  • 新刊
山中千佳子:混声合唱とピアノのための組曲 ことたまの祭祀
2018年6月発売。山、火、水、豊穣の四つの神をテーマにした壮大なスケールを持つ作品。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

面川倫一:混声合唱とピアノのためのソングス 昼の月
  • 新刊
面川倫一:混声合唱とピアノのためのソングス 昼の月
2018年6月発売。詩人・辻 征夫の「昼の月」をテキストに、作曲家・面川倫一が付曲。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

千原英喜:混声合唱組曲 稲作挿話
  • 新刊
千原英喜:混声合唱組曲 稲作挿話
2018年4月発売。宮沢賢治の農業への情熱を記した詩や手紙をテキストとした3曲から成る組曲。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

上田真樹:月の夜[混声合唱]
  • 新刊
上田真樹:月の夜[混声合唱]
2018年2月発売。本作品はバレエと合唱のための作品として作曲されましたが、合唱だけでも成立できるように作曲されています。

定価:2,052円(税込) 本体:1,900円

ポイント:95pt

大竹くみ:混声合唱とピアノのための ねがい
  • 新刊
大竹くみ:混声合唱とピアノのための ねがい
2018年2月発売。詩は弁護士で詩人でもある西内 聖による書き下ろし。控えめな、しかし心の奥に直接届くような「ねがい」を感じながら作曲。

定価:1,188円(税込) 本体:1,100円

ポイント:55pt

安井恵一:混声合唱のための 鈴をつけた天使
  • 新刊
安井恵一:混声合唱のための 鈴をつけた天使
2018年1月発売。新進気鋭の作曲家・安井恵一による初出版作品。パウル・クレーの描いた天使たちを主題にして書かれた谷川俊太郎の詩集『クレーの天使』より5篇を選び、作曲。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

上田 益:混声合唱組曲 名もなきところへ
  • 新刊
上田 益:混声合唱組曲 名もなきところへ
2017年12月発売。若い世代が抱えている、社会に出ることへの不安、自分の存在意義への問いかけや葛藤、“いのち”への思いを軸に前に進んでいこうとする決意や、旅立ちへの温かなまなざしを歌った作品です。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

林 光:混声合唱のための うた・ねがい・明日ともなれば
  • 重版
林 光:混声合唱のための うた・ねがい・明日ともなれば
1985年「うた」「ねがい」、1986年「明日ともなれば」、いずれも東京混声合唱団で初演されました。

定価:1,728円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

間宮芳生:鳥獣戯画
  • 重版
間宮芳生:鳥獣戯画
中世絵巻「鳥獣戯画」に描かれている動物たちに中世の人間の姿を連想し、さまざまな鳴き声の中に人の声を聞く思いがする…(作者前書き)。編成は、混声合唱に和楽器を中心とした打楽器群が加わります。

定価:1,728円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

千原英喜:混声合唱のための 十字架上のキリストの最後の言葉
  • 重版
千原英喜:混声合唱のための 十字架上のキリストの最後の言葉
2013年3月発売。「キリストはこの世の全ての罪を背負って十字架にかけられた」キリスト教聖書の中でも特に印象的なこの場面を、現代を生きる人々の心に深く染み込む《人間愛へのOde=頌歌》としてダイナミックに...

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

青島広志:女声・混声のための「イタリア歌曲集」2
  • 重版
青島広志:女声・混声のための「イタリア歌曲集」2
イタリア歌曲を重唱・混声合唱・女声合唱などに編曲しました。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

千原英喜:混声合唱組曲 あなたにあいたくて生まれてきた詩
  • 重版
千原英喜:混声合唱組曲 あなたにあいたくて生まれてきた詩
子どもから大人まで誰もが口ずさめるハートフルな合唱曲。
難易度:初級~ 演奏時間:22分50秒

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

林 光:混声合唱とピアノのための うつくしいのはげつようびのこども〔マザー・グース歌曲集〕
  • 重版
林 光:混声合唱とピアノのための うつくしいのはげつようびのこども〔マザー・グース歌曲集〕
2003年8月8日「八月のまつり」林 光(指揮)、寺島陸也(ピアノ)、東京混声合唱団により全曲初演。

定価:1,944円(税込) 本体:1,800円

ポイント:90pt

林 光:混声合唱とピアノのための「コメディア・インサラータ」
  • 重版
林 光:混声合唱とピアノのための「コメディア・インサラータ」
短歌に旋風を巻き起こした俵万智の歌集「サラダ記念日」から12首を選び、古典的手法で作曲しました。

定価:1,836円(税込) 本体:1,700円

ポイント:85pt

イタリア世俗曲集(2)
  • 重版
イタリア世俗曲集(2)
1617世紀イタリアの代表的な世俗曲。

定価:1,188円(税込) 本体:1,100円

ポイント:55pt

フランス世俗曲集(1)
  • 重版
フランス世俗曲集(1)
16世紀前半のフランスの代表的シャンソン作曲家、クレマン・ジャヌカンの作品集です。

定価:1,188円(税込) 本体:1,100円

ポイント:55pt

千原英喜:混声合唱のための 方丈記/混声合唱とピアノのための 歌垣
千原英喜:混声合唱のための 方丈記/混声合唱とピアノのための 歌垣
「長明の方丈記にみられる、孤高の中で厳しく自己を照観し、無常の世に普遍性を問う姿勢は芸術家の精神そのもの。」と語る、千原英喜による「方丈記」は、初演時チェロのオブリガート付きであったものを、無伴奏...

定価:1,728円(税込) 本体:1,600円

ポイント:80pt

フランドル宗教曲集(1)
フランドル宗教曲集(1)

定価:1,188円(税込) 本体:1,100円

ポイント:55pt

藤村 記一郎:合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」
藤村 記一郎:合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」
第二次世界大戦さなかの実話をもとに作られた、童声またはソプラノと混声合唱の作品です。

定価:1,512円(税込) 本体:1,400円

ポイント:70pt

在庫なし
林 光:混声合唱による「日本抒情歌曲集」2
林 光:混声合唱による「日本抒情歌曲集」2

定価:1,296円(税込) 本体:1,200円

ポイント:60pt

1~25件を表示/全282

トップへもどる